高齢出産の女性

高齢出産の人におすすめの葉酸

女性の社会進出が進んだことなどから、晩婚化が進んでいます。

昔であれば10代後半で子どもを産む女性も少なくありませんでした。

今では35歳以上になってから子どもを産む、いわゆる高齢出産も珍しくなくなっています。

35歳という数字に特別な意味はありませんが、統計学的にはこの年齢よりも上になると妊娠や出産によるトラブルが多くなってきます。

妊娠率が低くなったり、障害児出産のリスクが高くなってしまうケースもあります。

このような高齢出産の人にこそ、葉酸の摂取がおすすめです。

 

葉酸がおすすめの理由とは

葉酸は妊娠率を高くして、障害児出産リスクを低下させてくれると言われています。

高齢出産には、流産や難産の確率上昇、妊娠率の低下、染色体異常の上昇、妊婦が高血圧やむくみになりやすい、などのリスクがあります。

この中でも、染色体異常は怖いもので障害児出産のリスクを増加させてしまいます。

葉酸を摂取すると、神経管閉塞性障害のリスクが軽減するとされています。

染色体異常のリスクが軽減率は、適正量を毎日摂ることで72%低減できるという報告があります。

年齢を重ねると、女性の卵子は老化して様々なリスクが伴います。

女性だけではなく、男性の摂取量が不足して精子がうまく分裂できずに支障をきたすこともあります。

葉酸を適正に摂取することで、着床率と妊娠力を上げる効果が期待できます。

女性の子宮内膜が強化されたり、子宮内膜への血液供給が強化されたり、子宮自体が健康になりやすくなることで健康な胎児が生まれる確率が高くなります。